競馬予想のレジまぐコンテンツでお金が稼げるか徹底検証

競馬予想のレジまぐのコンテンツで実際に馬券を購入。信頼できる競馬コンテンツしかご紹介しません。

【気になる競馬コンテンツ検証①】競馬予想のレジまぐで3年間負けなし!2020年は最高のスタートダッシュ!SUNA(中央競馬ダート専門)1/5(日)的中

f:id:ayakokeiba:20200107202452j:plain

新年早々やってくれました!


今週は、1/12(日)シンザン記念G3、1/13(月)フェアリーステークスG3がありますね。3日開催なので、競馬好きとしてはたまりません。

さて、先週、気になる競馬コンテンツとしてご紹介したダート専門の予想コンテンツですが、新年早々素晴らしい成績です。ご紹介していきます。

 

 

SUNA(中央競馬ダート専門)検証①1/5(日)1/6(月)

1/5(日)中山9R招福ステークス 的中

1/6(月)予想提供なし

*ワイドは、相手3頭で1点200円

収支:プラス1,940円

回収率:423%

馬連は、相手3頭で1点800円

収支:プラス20,080円

回収率:936%

 

合計購入額:3,000円

払戻金:25,020円

収支:プラス22,020円

回収率:834%

5番人気のミッキーポジションを軸にして、見事に1着。相手も4番人気のエムオーグリッタが来て、馬連2,810円、ワイド1,270円が付きました。

招福ステークスの内容

ミッキーポジションとエムオーグリッタのスピードは止まりませんでしたね。この2頭に食い下がる馬はありませんでした。ミッキーポジションとエムオーグリッタは少し競り合いましたが、ミッキーポジションが差し切りました。

JRAのレース結果の動画を見ましたが、面白いレースでした。

予想とレース後の感想

こちらの予想コンテンツは、購読していないので、データーだけをみて書いていますが、もともとこちらのコンテンツには予想分析や回顧はありません。

↓前回ご紹介した記事↓

 

www.keibakenshoblog.com

 前回の記事を読んでいただけたらわかりますが、やはり掛け金と券種選択にポイントがありますね。また、軸馬の選び方は素晴らしいです。ダート専門にやられているということで、昨年の10月から回収率が大変なことになっています。

10月576%

11月125%

12月369%

わずか、3,000円しかかけていないのに、馬連の掛け金をワイドの4倍にすることで、大幅な回収率のアップにつなげています。

SUNA(中央競馬ダート専門)検証①のまとめ

前回ご紹介したように、3~9月は調子を崩しています。

昨年は、マイナスが3,4,5,6月と続きました。昨年の1月は177%でした。

予想の精度が上がり、このまま3月を超えてもプラス収支が続いていくのでしょうか?

しかし、買い方としてはブレないところがいいですね。ここが大きなポイントだと思います。

また、最近、勝率が凄まじくいいですね。12月から1/5まで7レースの提供がありましたが、5レース的中です。勝率71%です。冬は調子がいいと思われます。

購読料金は、6,600円と高く、初月無料でもないし、半年割引もありません。

しかし、長期で考えると購読料も引いても、プラスになる競馬コンテンツだと思います。